Amazon primevideo 「祈りの幕が下りる時」で号泣してしまった

2019年10月31日木曜日

Amazonプライムビデオ

t f B! P L

こんにちは、berryです。昨日から三連休になりまして、ついAmazonプライムビデオをむさぼるように鑑賞してしまいました。で、久しぶりに刺さってしまい号泣したので、泣かされた映画について書きたいと思います。


Amazon primevideo 祈りの幕が下りるとき




結婚できない男が再放送され、たまらず一気にプライムビデオで観てしまった私は、阿部寛さんの作品映画「祈りの幕が下りる時」他いろいろチェック。

(もちろんですが、まだ結婚できない男も、毎週見逃すことなく観ています…。)


「祈りの幕が下りる時」のあらすじ



新参者の映画完結編。主人公加賀恭一郎の過去が明らかに。

今回起きた不可解な事件の真相と、加賀恭一郎の過去、浅居博美(松嶋菜々子さん)と加賀恭一郎の出会い、これらが事件の紐解きに。

…という感じでしょうか。まだ、視聴されていない人もいるかもしれませんので、この辺りで終わりたいと思います。


少しだけ映画関連のご紹介



この「祈りの幕が下りる時」は、人気推理小説作家の東野東吾さん作品「新参者」
が、2010年TBS系でドラマ化したシリーズものです。
小説は、まだ読んだことがないです。


当時、放送されたときは見ていなかったのですが、Amazonプライムビデオでドラマ配信され観ました。


号泣したのは、不意打ちともいえる松嶋菜々子さんの演技



この映画の見どころは、「類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公加賀恭一郎」が、松島さん演じる浅居博美さんに翻弄されつつ、事件の真相を解く辺りなのですが、親子の絆がキーワードとなっている部分です。

ミステリ―の題材に使われやすい親子絆です。でもですね、まさかラストで松島さんがあんな演技を…と、ドはまりしたようです。

実際のレビューは★★★★☆です。

他の人のレビューを覗いてみると、やっぱり松島さんの演技のコメントが多く寄せられていました。辛口レビューもありました。最初のイントロが長いということです。…確かに…。最近、イントロ長い映画多いですよね。
個人的には、そういうのあんまり気にならない質なんで(;'∀')…、かなり時間たってから、タイトルが表れて「え?いまさら?」と思う程度です。


加賀恭一郎シリーズは、個人的に好き



今回も全体的に、好きなテイストで幕が下りたという感じです。きちんとカッコよく主人公の加賀さんが推理していく様子は、きたきた…と、いった感じです。

理路整然と、裏側の隠れた真実が暴かれる瞬間が好きなのかもしれません。そして、阿部さんの安定した演技がたまらないという感じでしょうか?


基本的に、2時間ドラマサスペンスに夢中になる親が毎日つけるテレビをつまみ食いする私は、割と知らない間にいろいろ見てしまっているようで、サスペンスとか推理小説とか、好きらしいです。

名探偵コナン君が好きなのも、推理ものだからかもしれません。シャーロックシリーズも好きで、現在放送中のシャーロックも好きです。


他に個人的にのけぞった部分



どうやらロケ地のひとつが、私の住む町だったらしく。まさか、ここ(どこでしょう。)に阿部さんが?と、のけぞりました。(;'∀')

でも、後から、ロケ地チェックしたところ、阿部さんがその場所にいる設定の…その場所が書かれませんでした。別撮りされたのかもしれません。


そういえば



私の住むところでは、松島さん目撃情報が多いのですが。

私も、松島さんではなかったのですが、交差点でご主人を見かけました。

というのも、以前少しだけ働いていたバイト先では、有名だったらしく、当時ご主人のお車も有名でした。

「あれ、そうじゃない?」とバイトの人が言ったので、交差点に止まっていたお車の近くにこそこそ言ってしまいました。(すみません…。怪しさ満点な行動です。)

お車の横まで近づくと、ご主人が不審者らしい私に気付かれ「えー?(;'∀')」と私の方向にお顔を向けられました、

おじぎするくらいすれば、良かったのですが、恥ずかしくなってしまい、知らじらしく、違う車を探すふりをして逃げてきたという…。


でもですね、ほんとうにカッコよかったです。目撃談によりますと、松島さんもオーラ半端なく、一般人との違いが凄いということです。

やっぱりそうですよね~(*´ω`*)


ということで、レビューと関係ない話まで、書いてしまいましたが…(;'∀')

まだ、観てない人はAmazonプライムビデオ見放題で、放送中なので、チェックしてみてくださいね^^
↓↓↓ ↓↓↓




QooQ